妊活

男性不妊~不妊専門院来訪レポート!診察やかかったお金を紹介

不妊治療を続けることで様々な原因や症状が見えてくることもあります。

そんな中で見逃せないのが男性不妊。

不妊とされている夫婦の約半分が男性不妊が原因とされる結果も出ているので、なかなか授からない夫婦でまだ旦那さんのチェックを行っていないのであれば調べてみても良いかもしれません。

 

我が家は現在約2年ほどクリニックに通い、妊娠に関して方法や不妊の原因を調べてきましして、この度「男性不妊」の結果と向き合う事となりました。

 

と言う事で今回は夫が行ってきた男性不妊専門院について、行った診察やお金についてご案内致します。

 

それでは行ってみましょう。

 

アヤセ
アヤセ
コロナ中だったので同行できず、夫からの報告になります

 

男性不妊について

WHO(世界保健機構)は、男性にのみ不妊原因があるカップルが24%、女性にのみ不妊原因があるカップルが41%、男女ともに原因があるカップルが24%、原因不明が11%と報告しています。

つまり、不妊カップルの約半数において男性側に原因があると言う事です。

女性のスクリーニング結果に問題がなさそうなら、パートナーの検査も検討すると良いかもしれません。

 

妊活に於いて女性の年齢も大切な要素の1つです、いつまでも原因不明のまま時間が経つのは勿体ないので、なかなか出来ない人や妊娠を急いでいる場合はパートナーの診察は迷わずしておいた方が良いでしょう。

 

アヤセ
アヤセ
検査を迷ってる間に歳をとって妊娠の確率がどんどん下がっちゃうんです💦

 

 

アヤセの夫も不妊発覚

アヤセの夫も検査の結果「男性不妊」が認められました。

普通の婦人科で1回、転院先の不妊専門院で2回精液検査をうけて、いずれも精子が活動していないので自然妊娠は難しいとの診断が下されています。

 

 

アヤセ宅ではこんな感じで・・・

夫婦の間でクリニックでチェックするのは先ず女性からの方が多いと思いますし、旦那さんにも調べて欲しいと意向を伝えるのは難しいかなと思います。アヤセ宅もそうでした。

 

残念ながら男性の方から先にクリニックに行く事は殆ど無い筈です💦

我が家では先ずアヤセが1年クリニックに通い検査を報告「助成金の関係で男性も検査しなきゃいけない決まりになってる」と伝えながら協力を要請しました。

 

「アヤセもあれこれ調べてるんだからあなたも」・・・的な感じで。

 

検査の結果、WHOの診断とほぼ同じく、アヤセの卵管が片方閉塞していたりと言う原因と夫の精子EDや不活性という原因が発覚しています。

両方パターンですね。

 

男性にも不妊治療専門院がある

『男性専門の不妊治療院』なるものが存在します。

『男性専門の不妊治療院』は男性用の泌尿器科の更に不妊も扱ってくれる病院で、通常の泌尿器科に行くよりはるかに手厚い診察をする機関。これから行かれる方もかかるなら専門院がオススメになります。

 

お医者さんの治療方針によって、ご案内されるかどうかわからないですが不妊を調べたい、治療したいと言う方は不妊専門院をご検討下さい。

因みに、精液検査だけであれば婦人科のオプションで行う事が可能です。なのでアヤセとしては先ず婦人科での検査で充分かと思います。その結果に何かあったら、次の段階として検討する、という順番で良いかなとは思います。

 

ちょこっと余談

余談ですが、

専門院の紹介があるかどうか担当医によって対応が違います

アヤセは普通婦人科に通ってから不妊専門院に転院している経緯があるのですが、先ず普通婦人科での精液検査も良くない結果でした。しかしながらその時に精密検査のオススメはありませんでした。『この数値でも普通に妊娠できる人も居る』との見解。

更に、不妊専門院でも男性の先生の診察の時は男性不妊専門へ行く指導はされなくて、サプリメントのご案内をちょこっとされただけ。精液の再検査で女性の医師に当たった時に(複数名の先生がランダムに当たるシステム)やっと「治したいなら専門院に」とのご案内と紹介状が貰えました。

 

指導しなかったから悪い先生とは言えませんが、選択肢の1つとしてのご指導は有っても良かったかなと思います。

 

個人的には「大丈夫な人も居るからこのまま続けよう」とか「ウチは専門じゃないからよくわからない、サプリメントなら紹介できる」とかそういうのじゃなくて💦「専門院に行って詳しい原因や対応を模索できるけどどうしますか?」の選択肢を提示してくれる方が良心的だと思っています。

行くか行かないか、治療するかしないかはアヤセ夫婦が決めるから、知恵や選択肢を提示するのがお医者さんの役割ではないでしょうか。

 

専門院に行ったところで、お高い検査してもわからなかったり治らなかったりもしますので、必ず解決するとは言えません

でも

何も知らないまま諦めてた

というのはナシにしたいんですよね。

 

行った診察

さて話は戻しまして男性不妊専門院に行ってきました。

行った診察は以下

  • 初診
  • 触診
  • エコ―
  • 精液検査
  • 抗体検査
  • 指導

専門院なので、精液検査だけではなく触診やエコー検査が入ってきます。

触診は見た目の観察や触った時の大きさや腫れ、しこり等を観察。そしてペン型のエコ―機で玉の様子などを検査したそうです。

 

精液検査自体は婦人科でもやっている事と同様、院内で自己採取して提出をする形になります。今回は更に抗精子抗体検査(自分で精液を殺してないか)も検査しました。

 

※抗精子抗体検査は一定以上の不妊期間を経て行うのが一般的で、お高くかかるものでもありますので、基本的に最初からこの検査を行うなんて人はいないかも。

 

下された診断結果

アヤセの夫に下された診察結果はこんな感じ。

出された用紙に印字されている数値は決して悪すぎるとは言えないのですが、活発に動いている精子が圧倒的に少ないと診断されました。

さすがの専門院、1時間程度で検査結果と動画提示までされたそうです。

 

抗精子抗体検査はその日ではわからないので、後日結果を貰いに行きます。

 

原因判明?

この精子が動いていない原因としては

精索静脈瘤

の診断が下されています。

精索静脈瘤は睾丸周辺の静脈弁の機能に問題があり、血が溜まってしまう疾患。

温めてはいけない睾丸内に血が溜まることで温度が通常より2度くらい上昇してしまそうで、精子がダメージを受けてしまうのだとか。(おタマは温めてはいけないのが通説)

 

この疾患の所為で精子の量も濃度も、生存数も決して悪くないにもかかわらず、ほぼ元気がないという結果が出るそうです。

 

やっぱりこのままだと人工授精のAIHさえも望めないとの事。

 

タイミング法の次のステップ!人工授精AIHの方法とその流れについて。妊活で行う人工授精法AIHを進めてもらったので、その方法と流れについて聞いてきました。...

 

対処法

精索静脈瘤は手術で治すことができるので、もし治したいのであれば・・・と日程と価格が提示されました。

手術する場合は1か月ほど前に感染症検査を行ったうえで日帰りで行うとの事です。

この手術では保険が利かず自費で約30万円ほどかかるとの事。

 

原因になる血の流れを修正することで、正常な精子を輩出できるようにするという仕組みだそうです。

 

でも気をつけて!

行う場合手術したからと完治するとは限らないとの事と、術後約2か月ほど妊娠に使うための採精が出来なくなるそうです。

 

アヤセ
アヤセ
払い損になるかもしれないリスクを自己責任で負う感じ💦

 

かかったお金について

今回かかった費用はコチラ。

¥49,500

紹介状付きの初診料¥33,000と、抗精子抗体検査費用¥16,500(自費)

 

更に次回、再度精密検査を行うので¥22,000ほどかかるのだとか。

 

アヤセ
アヤセ
おっぉおおお高い💦

 

残された選択肢~アヤセ夫婦の今後

以上の様な感じで、アヤセ夫の男性不妊治療専門院初診が終了しました。

精液の状態は宜しくない(動いてない)自然妊娠は難しいと診断され、原因として精索静脈瘤と言う疾患を教えてもらいました。

 

この場合にとれる可能性としては以下を検討することに

  1. 治療せず体外受精(顕微授精に進む)
  2. 夫の治療を行い経過観察後、AIH~ダメなら体外受精

①治療しない場合は体外受精という選択肢があります。体外受精をする際は採取した精子から良好なものだけを取り出すので現在の精子状態でも可能と言われています。

②または、先に夫の精索静脈瘤を治療してから妊活を再開するか。

 

アヤセ担当医の見解

夫が受けてきた検査結果と診断内容を、アヤセが通う婦人の不妊専門院に持ち込みました。

そこで話を聞いた医師の見解は以下。

このまま体外受精を提案

夫の治療を行うと、治るとも限らないうえに次回の採精が何か月も先になってしまう事、そうするとアヤセの年齢だと卵子の加齢リスクの方が心配。なんだとか。

 

20代や30代前半のカップルの場合は先に夫の治療をするのもアリになりますが、アヤセは現在37歳なので、今からの妊娠やこの先第2子を考えるなら先に卵子を採取して受精のうえ凍結させた方が賢明であるとの事。

 

母体の年齢を優先して!

卵子は加齢とともに劣化し、受精や着床、ダウン症などのリスクが上昇します。

子宮自体は40歳を過ぎても妊娠に耐えうると結果が出ているので、大切なのは卵子の若さ。

今から体外受精を行い複数個の凍結卵を保持することで40を過ぎても37歳の時のアヤセ卵子が使えるのでリスク低減することができると教えてもらいました。

 

体外受精はお金はかかりますが、そちらの方がメリットではないか。

との提案を頂きました。

 

夫は精索静脈瘤が「疾患」であるなら「治療してみたい」との気持ちもあるようですが、アヤセは「母体の若さはお金に代えがたい価値」と思っているし、いち早く妊娠するなら『今から体外受精をすすめたい』と思っています。

 

体外受精自体は夫も了解しているので、今後の予定については改めて詰めて行く予定です。

 

精力を付けるためにはこんなサプリメントも

精索静脈瘤自体は手術が必要になりますが、精液自体を元気にするためのサプリをお医者さんから伺ってきました。

健康食品はあくまでも「効果が期待できる」としか言えませんが、3つ紹介します。

\カルニチン/

created by Rinker
MyProtein(マイプロテイン)
¥800
(2021/09/28 03:58:51時点 Amazon調べ-詳細)

ダイエットサプリメントとして人気のLカルニチン、体の構成に不可欠なアミノ酸の仲間で良好精子の発育の手助けになると期待されてるそうです。

 

\アルギニン/

created by Rinker
NOW
¥1,750
(2021/09/28 03:58:51時点 Amazon調べ-詳細)

アルギニンもアミノ酸の一種で準必須アミノ酸の1つ、精子の量や精子の運動率、EDなどに関連する効果が期待されています。

 

\亜鉛/

created by Rinker
DHC(ディー・エイチ・シー)
¥400
(2021/09/28 03:58:52時点 Amazon調べ-詳細)

亜鉛も生殖機能の維持に関する効果が期待されています。
ただ、我が家も飲んでますが近年「あんまり意味がない」みたいな研究結果も発表されてるので冷やかし程度に飲んでます。

 

 

総合サプリも

マカ&亜鉛の組み合わせになりますが総合サプリの摂取と言う方法もあります。

 

ベルタ葉酸マカプラス

女性用葉酸サプリとして知られていますが、マカからアルギニンが摂取できるのと亜鉛も含まれています。
夫婦での摂取だとちょっとお得になります。

ベルタ葉酸マカプラス

 

マカナ 妊活サプリ

マカナも女性用葉酸サプリとして知られていますが、コチラもマカや亜鉛が含まれていて夫婦での摂取はちょっとお得になります♪

マカナ 妊活サプリ

 

妊活のサプリメント「マカ&クラチャイダム20000プラス」

上記2つは女性向けサプリですが、こちらはどちらかと言うと男性の元気を取り戻す系サプリ。マカに係るアルギニンや亜鉛も含まれているので精子の質自体にも訴えかける感字ですね。

妊活のサプリメント「マカ&クラチャイダム20000プラス」

 

タフdeナイト

思いっきり男性向けですね、コチラもマカが含まれていてアルギニンが摂取できるのと、亜鉛も摂れます。夜の元気と一緒に精子の質向上が期待できるのでお悩みの方に。

タフdeナイト

 

カルニチンが含まれたものが見つからなかったので💦
コレは個別に摂った方が良さそうです。

まとめ

以上、男性不妊に関する症状や専門クリニック、初診、料金についてご案内しました。

通常の精液検査で問題がないならば、基本的に行く必要はあまりないかなと思いますが、アヤセのように不妊状態が長くて夫の精液異常が散見された場合は受けてみても良いかもしれません。

我が家は結局原因がわかっても、治療を飛ばして体外受精にすすみそうですが。。。

 

また、アヤセが受診しているクリニックや夫の訪れたクリニックは都内にあります。もしこれからの受診の参考に院名を知りたい場合はTwitterでのDM又は当ページにあるお問い合わせからご連絡を頂けますと幸いです。

すぐ返信できないかもしれませんが、対応致します。

※業者さんじゃないので💦思った感じじゃなかったらゴメンナサイ🐰

 

アヤセ
アヤセ
妊活、頑張りましょうね♪